県民共済 生命保険

保険の見直し・相談は「保険のビュッフェ」がオススメ

県民共済 生命保険


県民共済にも生命保険があります。ただし呼び方がちょっと変わってきて、「生命共済」となりますが、一般の民間保険会社の生命保険とほぼ同様と考えても差し障りないでしょう。

保険の見直し・相談ができる「保険のビュッフェ」はこちら


県民共済には生命保険はあるの?

民間の生命保険会社と県民共済の生命共済では、成り立ちが違うため、生命共済のほうが掛け金が安い場合があります。
民間保険会社は、金融庁の監督下で事業を展開しているのに対して、県民共済は生協法に基づき、各都道府県で認可を受けている非営利団体が運営している生活協同組合が提供しているという違いがあります。

 

保険会社が販売している金融商品である「生命保険」は、利益を追求するという側面がありますが、県民共済の場合は相互自助の精神から運営されいるため営利目的ではないというのもあります。
そのため、生命共済は一律の掛け金、一律の保証となっています。
あらかじめ設定されている生命共済のプランに多くの人が加入する形をとったシステムによって掛け金が安くできるというわけですね。

 

イメージとしては、生命保険と医療保険が抱き合わさった保険といったところでしょうか。県民共済には「こども型」「総合保障型」「熟年型」などその他にも色々と種類があります。
メリット・デメリットも両方ありますので、県民共済に加入されたい場合はご自分にあった保証内容の生命共済をじっくり吟味することをオススメします。

 

ただし、「県民」と名前がつくように、居住地、もしくは勤務地の都道府県の共済にしか加入ができないことになります。また、47都道府県全てにあるわけでもないようです。
そのため、山梨や福井県、鳥取県や徳島県、愛媛県や高知県、佐賀県や沖縄県には県民共済というものがないので、転勤族の方などは、加入されている県民共済を継続できないこともありますので、ご注意してくださいね。